松尾芭蕉2022年07月25日 09:46

松尾芭蕉
家持の歌碑の隣には芭蕉の歌碑もある.
『おくのほそ道』50句のうちの1つ.有磯海は高岡から氷見に至る富山湾西部の海域.家持由来の歌枕になっている.奥の細道は1689年.

大伴家持(2)2022年07月23日 09:45

大伴家持(2)
大伴家持は746~751年に越中国に在任.その間223首を詠んだという.

渋谿は雨晴海岸のこと.

歌碑横の説明(現代語訳)
馬を並べて、さあ出かけようじゃないか。
渋谿の清らかな磯辺に打ち寄せる波を見に。

高岡市万葉歴史館
https://www.manreki.com/
https://www.manreki.com/arekore/utameguri/utam0240.html

大伴家持2022年04月28日 21:38


奈呉の浦
奈呉の浦より新湊大橋.今日は風が強かった.

大伴家持 万葉集4017番
奈呉の浦大橋には大伴家持の歌碑が2つ.

あゆの風いたく吹くらし奈呉の海人の釣りする小舟漕ぎ隠る見ゆ


大伴家持 万葉集4020番
越の海の信濃の浜を行き暮らし長き春日も忘れておもへや

高岡市万葉歴史館のホームページに詳しい解説がある.

高浜虚子2022年04月09日 20:38

高浜虚子の句碑
城ヶ山公園の頂上には高浜虚子の句碑があった.

提灯に落花の風の見ゆる哉

1923年に地元のホトトギス俳句会「二百十日会」が建立した,全国で最も古い虚子の句碑だそうだ.翌年に虚子も訪れたとのこと.